こんにちは。

3月以来の10年前記事です。日付が間違ってるんじゃないの?とお思いの方、正しいです。実際のところはGWに行っていたのですが、記事作成を忘れていましたので、せめて月内に公開するため、急ごしらえの記事です

さて、10年前・2011年のGWはいすみ鉄道のキハ52形を一目お目にかかりたく、関東まで一人旅。当時私は学生でしたが、往復を全て在来線でこなすという、今から考えればよくやったなぁ、という旅行でした。この日の前後にそれぞれ1日をかけて広島~東京を移動したのですが、暇がなくなった分使えるお金が増えた今とは価値観が異なっていたのでしょうね。

前日御徒町に宿泊していた私は、現在でも発売されている「休日おでかけパス」を利用して千葉へ。
CIMG1762この時期は113系最晩年の頃で、スカ色や湘南色に塗られた113系が走っていました。同年内には引退したので、貴重な記録になりました。
CIMG1763
私が乗車したのはこちらの君津行き。この列車に乗って木更津に向かいます。

お目当てはこちら。
CIMG1787
木更津駅南方にある電留線にて隣接する公道から撮影したキハ30とキハ38。特にキハ30は国鉄一般色に塗りなおされていたうえ、いわゆる「通勤型気動車」という稀有なスタイルであることから、一度お目にかかりたかった存在でした。

実際のところ、写真に写るキハ30-100は久留里線での運用終了後、岡山県の水島臨海鉄道に転属しているので、後になってみればこちらから関東まで行かなくても近くに来てくれていたんですが(笑)

ちなみに最近知ったのですがこのキハ30、非冷房だったのですね。
水島臨海鉄道ではこのように、夏季には運用を休止する措置をとっているそうで。次に運用復帰するときには乗りに行こうかな。なんだかんだ水島臨海鉄道に乗車したことがない管理人です。

さてさて。
CIMG1784
木更津から小湊鉄道が分岐する五井まで戻ります。この時の列車も113系でした。

小湊鉄道線に乗って上総中野に到着!
CIMG1803休みだったこともあり、養老渓谷までの行楽客やいすみ鉄道乗り換えの乗りとおし客もおり、列車は全区間を通して盛況でした。
CIMG1807
CIMG1810駅名票。たしかこの駅に限らずですが、小湊鉄道側の旧国名は「かづさ」と書いてあり、上総中野駅ではいすみ鉄道との間で表記のゆれがあります。今も同じなのかな?
CIMG1806
駅構内。現在は小湊鉄道・いすみ鉄道がそれぞれ1線のホームを有しますが、それとは別に保線車両がとまっている引き込み線があり、こちらはホームはないものの両路線に接続しています。


CIMG1819いすみ鉄道線に乗り換えて途中の国吉駅へ。
CIMG1813
この旅行のお目当てのひとつ、キハ52形が到着です。運用開始から間もない時期とあって、国鉄一般色の車体はとても綺麗でした。

今回の旅行ではキハ52形に乗車するということも選択肢としてあったのですが、五井から大原に抜けるルートでは時間が合わず、やむなくすれ違いを捉える、ということにしたように記憶しています。
CIMG1814
大多喜・上総中野方面のヘッドマークは「きぼう」。修学旅行臨かと思わせるよう。
CIMG1817
「急行」のサボも誇らしげでした。

CIMG1820
発車直後をケツ打ち。こちらのヘッドマークは「そと房」でした。いかにも房総らしいです。本来であれば、この急行列車は国吉駅ではしばらくの間停車するダイヤとなっていましたが、あいにく急行列車が遅延していたため、停車時間わずかの後発車していきました

現在はえちごトキめき鉄道で社長を務める鳥塚亮氏のアイデアで始まったいすみ鉄道の急行列車も、もう10年余になるということですね。しばしば車両の不調などもあり苦労されているとの事ですが、それでもメンテナンスされながら、またその後キハ28形も導入してパワーアップしながら、旧型車両による急行列車の運行を今まで続けてこられたというのは現場の方々の努力の賜物でしょう。これからも運行が続くことを期待します。

ちなみに今回は乗車しませんでしたが、これから約7年後にこのキハ52形に乗車がかなうことになりました。それはまた別の機会にご紹介しましょう。

ということで、10年前のGWをやや駆け足でご紹介しました。次の10年前企画は、8月下旬の九州旅行を予定しています。今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。




▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけますと励みになります!!▼

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
<