CIMG1122
こんにちは。

ちょうど10年前、皆さんは何をされていましたでしょうか。私にとってのちょうど10年前は北陸沼にハマるきっかけとなった時期でした。同年3月の改正では、485系により運転される特急雷鳥、583系改造の近郊型電車の中で最後まで残った419系、高山線富山口の増便社会実験に供されたキハ58・28といった車両の退役が決まっており、4年後に迫った北陸新幹線開業への整理が着々と進んでいた時期でした。

その頃、個人的には某動画サイトで「食パン電車」419系が大きく取り上げられ、私自身の興味を湧かせていた最中でした。

「あー、めっちゃ前に本で見たことあるあの車両も引退なのか。ほかにも退役する車両が多いみたいだし、一度行ってみよう、乗ってみよう」というノリだったと思います。最終的には北陸新幹線の開業までの約4年間、定期的に訪問してはお目当ての車両を探し回ることになるのですが…w

今回は、その端緒となった、2011年2月22日・23日の旅行をご紹介します。

今回の旅行は訳あって、瀬野八で有名な西条駅から出発。18きっぷのシーズン直前でしたが、学割を使って乗車券のみを購入し、ひたすら普通列車に乗っての旅行でした。
CIMG1027
途中の岡山駅で撮影した相生行き。当時の西条駅始発は相生行きで、前日に最終の西条止めとなる下り列車3両編成と、21時台に西条止めとなる上り列車4両編成が連結されて、7両で西条から相生まで向かう運用となっていました。当該列車はその後和気行きに整理されてしまい、現在はこのダイヤで相生に到達できなくなっています。

さて、いつもであれば広島始発の列車で東に向かうところ、西条発の列車に乗ったため約30分の余裕が。姫路では30分前の新快速に乗りますが、敦賀行きは1時間に1本なので京都で降りてみました。
CIMG1029
京都駅の中線に止まってた283系が何やら不思議な表示を…。

CIMG1037
そんなこんなで敦賀駅に到着。4年半ほど前に敦賀駅に乗り入れるようになりましたが、敦賀駅で網干の表示を見ると、とてつもない距離を走るなあ…と思います。

敦賀駅はまだ新幹線の音沙汰もない頃でして、
CIMG1040
南側の側線や給水塔。今はこのあたりは北陸新幹線の工事が進んでいますよね。訪れたのは2年強ほど前の事なので、あれからの進捗も個人的には気になります。

さあそして…
CIMG1047
入ってきた、419系!
CIMG1042
当日乗ったのは、敦賀方が元クハ583型のクハ419-1を含む、D01編成でした。狙わずとも第1編成に乗れるなんて運が良かったのかも。反対側のクハ418-1は、廃車後リサイクル会社に送られつつも、まだ残存してるんですっけ…。

乗車後は、車内をひたすら撮影。
CIMG1051

CIMG1057
CIMG1053
CIMG1059
CIMG1060
CIMG1067
CIMG1066
種車の特性や構造を色濃く残した構造が印象的でした。

列車は福井駅に到着。
CIMG1080
CIMG1085
列車は福井行きとして敦賀駅を発車しましたが、約30分の停車後、そのまま金沢行きとして発車します。この頃はまだ521系も金沢~敦賀のみでの運用に限られており、転落防止幌の先頭部への取り付けもありませんでした。

CIMG1091
金沢に到着。右の475系に乗り換えて富山を目指しました。この2車両の並びといえば正に北陸というようですが、今はまったく表情が変わってしまいましたね。

富山に到着。
CIMG1124
CIMG1104
CIMG1123
当時は新幹線工事を巻き込んだ高架化工事のために、仮設駅での営業となっていました。「ひだ」こそ現在も乗り入れますが、直江津方面に走っていく特急「北越」、「はくたか」や、当時や当駅まで運転されていた「サンダーバード」、「しらさぎ」など、今では乗り入れなくなった列車もたくさん見られていた頃でした。

そして419系に次ぐお目当てが。
CIMG1103
CIMG1107
キハ58・28型。国鉄色と高岡色の2編成がいましたが、この日は高岡色の編成による運用でした。

この日はこの列車が越中八尾に向けて発車するのを見送って活動終了。翌日の様子は、またご紹介します。今回も、最後までお読み頂きましてありがとうございました。



▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけますと励みになります!!▼

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
<