こんにちは。

当ブログではこれまでにもデカールによるラッピング車両を何度かご紹介しましたが、早速今年の広島東洋カープ応援ラッピングトレインを作成しました。

デカールはいつも通り、R工房さんが販売しているものを使用しています。

とりあえず車体にデカールを貼り付け。
DSC_2035
これまでのラッピング車は列車の両側面が編成単位では対称になるデザインとなる年が多かったのですが、今年のデザインは両側面で完全に異なっています。貼り間違えのないよう、あらかじめ車体の屋根側に選手の背番号を書いておきました。

DSC_2037
車体の加工は窓をくりぬき、トップコートを吹いたら完了です。

CENTER_0002_BURST20200808124520516
一方こちらは窓。227系は共通の窓パーツが多いため、こちらも組み上げたときに隠れる部分に選手の背番号を書いたうえで貼り付けしました。前面貫通扉に貼り付けるヘッドマークは、「広島シティネットワーク」の印刷を剥離したうえで貼り付けています。

最後にボディを組みなおせば、
IMG_7vdy63
完成です!

行き先は「Y快速 広」を採用。山陽本線や可部線でも運用がありますが、我が家では3両固定で運用させようと思っておりますので、個人的に一番3両っぽいイメージがある呉線快速としました。実車はどんな行先でもおそらく運用実績があるでしょうから、気分が変わればまた変えたらよいですね。

今年は昨年と異なり、サンフレッチェ広島応援ラッピング列車はキハ40型ですので、227系の加工は今年は終わりです。また来年になるのか、ラッピング列車が登場したら加工に取り組みたいと思います。

ということで次は…
サンフレデカール
また作成したら記事にしたいと思います。

これまでにご紹介したデカール加工記事はこちらから。宜しければ併せてお読みください。


暑い日が続きますが、引き続き体調にお気をつけてお過ごしください。今回もご覧いただきまして、ありがとうございました


▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけますと励みになります!!▼

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村