こんにちは。

今日は広セキ115系のうち、岡山に転属となって残存していた2編成のうちの1編成、L16編成が下関へ回送されました。廃車回送と思われます。

私は所用により見送ることができませんでしたが、走り慣れた鉄路を最後にもう一度走っての回送となりました。ああ、見に行きたかったなあ

L16編成は、広島で運用された115系の中では比較的特徴のある車両でした。全車が1000番台で構成されていた車両だったほか、上り方の先頭車・クハ115-1155は方転改造された車両で、L編成の中では珍しく、上り方の先頭車にトイレスペースが残存していた車両でもあります。

L16carp
近年L16編成が注目された出来事といえば、2017年広島東洋カープ応援ラッピングトレインへの抜擢ではないでしょうか?この年は、初めて実施されたサンフレッチェ広島応援ラッピングトレインとともに、最初で最後となる30N車が抜擢されました。この頃の広島カープは景気のいい時代でしたね(笑)

一面真っ赤なデザインのラッピングを施す年が多い中、この年は2015年と並び数少ない紅白の色合いでのデザインでした。このデザインはこれはこれで好きなんですよね。また227系となった今後もそのうちやってほしいなぁ

CIMG1713
私は結局岡山に転じて以降は目立ってお目にかかることができませんでしたが、定期運用離脱を間近に控えた2019年3月10日にたまたま遭遇していました。

CIMG1714
糸崎を超える運用も最後かなー、と思っていましたが、実際のところはダイヤ改正以降、糸崎より先でしか走っていませんでした。

もう1編成のL17編成もいつまで残るかわからない中、いよいよ広島のL編成も終焉を迎えようとしています。おそらくは、幼いころから一番慣れ親しんだ車両でしたので一抹の寂しさはありますが、製造から約40年走り続けた電車と、それを支える技術者の方への賛辞を送りたいと思います。



今回もご訪問いただきましてありがとうございました。厳しい気候の時期が続きますが、体調等にはくれぐれもお気をつけください



▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけますと励みになります!!▼

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村