こんにちは。

この週末はひょんなことから旧倉吉線の線路跡を歩いてみることを思い立ち、でかけてみました。

倉吉線とは、山陰本線・倉吉駅から南に延びていた鉄道です。最初は山陰本線の倉吉駅が市街地から離れていたために引かれた軽便線に端を発し、その後温泉地の関金への延伸を経て、蒜山の麓の山守まで延伸しました。

その先は鉄道公団の建設線として、蒜山高原・湯原温泉沿いを経由して姫新線・中国勝山駅をめざすことが計画され、実際に起工式まで行われたそうですが、その後は具体的な工事が行われることはなく、更に倉吉線が第一次特定地方交通線に指定されて廃止となったことで延伸線の開業も見送られてしまいました。

そんな倉吉線ですが、かつての終点・山守駅に近づくほど田園風景が広がるエリアとなりますが、そのような地域柄が幸いしたのか、線路が撤去されずに残っていた区間があります。現在、倉吉市ではこの区間を観光地化し、トレッキングツアーを開催したりしているそうです。

特に、終点・山守駅の隣の泰久寺駅付近は線路がまとまって残存しており、山守方の竹林とその先にあるトンネルはトレッキングツアーのハイライトだそうです。トンネルはツアーの時しか入れないそうですが、それでもこの廃線跡を探索してみたい衝動に駆られ、今回訪ねてみることにしました。

CIMG3691
前日入りして関金温泉に宿泊。前日夜はしきりに雨が降っていましたが、朝は雲がだいぶ取れて日差しが差し込んできました。窓から蒜山を見ると、雪を被った山並みが見えてきました。
出発します。メインは泰久寺駅付近の線路。終点・山守駅から巡ることにし、泰久寺駅付近でじっくり廃線を楽しんで、最後は市街地の倉吉線鉄道記念館を訪れるプランです。
CIMG3694
まずは、山守駅近く。駅跡地は歩行者・自転車専用道。山守駅跡の近くは、駅舎やホームを含め何もありません。そこから倉吉に向けて車を走らせるとまもなく…
CIMG3705
築堤があります。マップでも容易に発見することができます。築堤の横には枕木で作った階段があります。ありがたやありがたや。
CIMG3704
登ってみたところ。カーブして小鴨川を渡ろうとするところまで続いています。その先の橋梁は撤去済で、橋脚の跡と思しきものもろくに発見できませんでした。
CIMG3706
対岸の倉吉側にも橋台があります。ここは、後で行く泰久寺駅付近にまとまって残る線路跡の終端部にあたります。

そんな訳で、今回のメインである泰久寺駅跡に行きましょう。
CIMG3707
県道から脇道にそれたところに、看板が。
CIMG3750
その前には、小さな橋梁を支えていた橋台があります。
CIMG3710
到着しました。ここが泰久寺駅跡です。跡といっても、見る角度によっては今にも列車が走ってきそうなところでした。駅前のスペースは私有地ですが、所有者さんの厚意により車が2台程度は駐車できるスペースが確保してあります。こちらから山守方がおそらくクライマックス。

歩いていきましょう。
CIMG3714
ホームを出てすぐの右カーブを抜けると、眼下に先ほど山守方面から走ってきた県道が見えます。
CIMG3741
廃線から30年以上、自然の力はレールをいとも簡単に歪ませるようです。
CIMG3722
ここからがクライマックス廃線跡は竹林の中を走っていきます。当日は前日からの雨で足場が悪く、慎重に歩いていきます。
CIMG3726
体感的には300~400mくらい?のところでトンネルがあり、ここが終点。トレッキングツアーに申し込めばこの中にも入れるそうですが、今回はここまで。
CIMG3739
折り返し、泰久寺駅に戻っていきます。最後に、倉吉市HPでも紹介されている線路上に生えた竹をパシャリ。
CIMG3745
戻ってきました。

ここからは倉吉方面に車を走らせます。
CIMG3751
とはいえ、泰久寺駅の倉吉側もしばらくはこうして線路が残っています。
CIMG3753
関金駅があったところから、500mくらい?のところで廃線跡は終了。ここからは大部分が道路や自転車歩行者専用道に転用されていました。
CIMG3757
市街地にある倉吉駅から3つ目の駅、西倉吉駅跡。「ロードステーションにしくら」の名前で講演として整備されています。
CIMG3759
最後に訪れたのは、倉吉市中心部にありかつては倉吉駅とも名乗った、打吹駅跡にある倉吉線鉄道記念館。

CIMG3760
CIMG3767
館内にはスイッチャーが鎮座しているほか、多くの写真が資料として展示してあります。倉吉から山守に走っていく順に写真が掲示されており、当時の風景のイメージが湧いてきます。

ちょっとニッチな廃線跡ですが、当時の面影を残す廃線跡でした。廃線跡は自転車歩行者専用道となっているところも多くありますので、次は自転車でもめぐってみたいものです。

今回もご覧いただきまして、ありがとうございました



▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけますと励みになります!!▼

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村