ダイヤ改正までも近づいてきましたが、最近気になった変化が2点ありましたので紹介します。

①7両編成の誕生?
西条駅の1番のりばで次のような掲示を発見しました。
EOD0rKZU8AAqi0F
3両から8両までの乗り場案内がなされていますが、7両の案内も記載されています。広島地区では旧来の115系は4両編成で7両編成は物理的に組めず4両または8両しか運転されていませんでした。現在の227系では7両を組むことができますが、現在営業運転で運転されていません(新製時の回送では実績あり)。

例外的に、2019年3月改正までは西条駅では岡山方面への始発列車の和気行きが4番のりばから発車しており、この列車は岡山電車区の7両編成(A編成+D編成)で運転されていました。

しかし、この掲示は1番上に「1番のりば」と明記されており、これにも当てはまりません。ということは、7両編成の列車が誕生するのでしょうかこの辺りは、ダイヤ改正の詳細が決定するのを待ちたいと思います。

以前にも紹介しましたが、227系の新製により慢性的な車両不足に起因する混雑が指摘されており、またJR西日本もそれを認識しているようですが、6両と8両の中間である7両編成を設定することで、この混雑に対する輸送改善への切り札となるでしょうか。広島の227系はそもそも、3両のA編成は42本ありますが、2両のS編成は1.5倍近い64本存在しているため、考えようによっては3両編成が1本で済む7両編成の方が、もしかすると運用が組みやすいのかもしれません。



②優先座席ステッカーの更新と車椅子スペースのステッカーの追加
最近になり、少し変化があったようです。尤もこれは、広島地区だけに限ったことではないのかもしれません。

車端部の優先座席ステッカーですが、最近になり次のように新しいデザインが登場しているようです。
(左:従来タイプ、右:新タイプ)
比較(優先座席)
これまで、お年寄りの方、身体の不自由な方、妊婦の方、乳幼児をお連れの方と記されていましたが、今回、これに2種類のアイコンとして内部障がいのある方、ヘルプマークをお持ちの方が追加されています。
(※画像が荒く、文言が若干異なっているかもしれませんので、確認次第修正します

また、227系の各先頭車に設けられている車椅子スペースのステッカーに加え、ベビーカーマークが追加された車両が登場しています。
(左:追加前、右:追加後)
ベビーカーマーク比較

1時間少々調べてみましたが、更新・追加状況は次のようになっていました。
A12編成 ベビーカーM未追加+優先座席S更新済
A14編成 ベビーカーM未追加+優先座席S更新済
A19編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
A25編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
A35編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
A45編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
A49編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
A50編成 ベビーカーM追加済+優先座席S未更新
A52編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
A58編成 ベビーカーM追加済+優先座席S未更新

S17編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
S22編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
S24編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
S31編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
S32編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新
S41編成 ベビーカーM未追加+優先座席S未更新

まだ追加・更新は少数にとどまっているようです。また、ベビーカーマークの設置と優先座席ステッカーの更新はセットになっている訳ではなさそうです。今後、順次更新されていくことになりそうですね。

国土交通省のサイトを調べる限り、ベビーカーマーク自体は5年ほど前から使用されているものになるようです。私が調べる限り、そこまで最近に鉄道事業者に対する要請等があるようではなかったように見受けますが、今回のステッカー追加・更新の理由はあるのでしょうか

<参考>国土交通省HP ベビーカーマークについてのお知らせ

(※リンク切れ等の際はご容赦ください。)

また新たに変化が見られたら、ご紹介したいと思います。
今回もご覧いただきまして、ありがとうございました



▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけると励みになります▼


鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
<