4日目、3連休の最終日になりました。旅行はあと2日です。

CIMG2771
宿泊したのは、弟子屈町のホテル摩周さんでした。
温泉街にあります。周囲ではところどころ湯けむりがたっていました

弟子屈駅へ。
CIMG2772
向かったのは・・・
CIMG2786
CIMG2785
2駅先の川湯温泉駅。本日はこの周辺のランドマーク、摩周湖と屈斜路湖の周りをめぐります。
バスで川湯温泉街に向かい、レンタカーを借りました。

まず向かったのはこちら。
CIMG2813
硫黄山です。この辺りは火山活動により形成した地形ですが、その関係で硫黄が噴出しています。ちなみに硫黄山は常時火山活動が監視されています

CIMG2789
(ほう・・・)

CIMG2796
入れるのは途中までですが、ところどころ激しい噴気のある付近では、硫黄で黄色くなっています。

次に向かいましたのは、

CIMG2819
CIMG2823
川湯温泉駅に戻ってきました。かつての駅の貴賓室を改装したレストラン「オーチャードグラス」さんです。
本当は明日行こうと思っていたのですが、今日になって調べていたら明日は休みであることが発覚

CIMG2821
ハンバーグランチを頂きました

さて、ではお目当ての・・・
CIMG2826
だったのですが
CIMG2824
・・・うーん。
天気悪いし、山道上ってくる途中から霧だか雲だかにまかれてきたので覚悟はしておりましたが…

さて、もう一つ行ってみたかったところに一応行ってみましょう。
CIMG2838
弟子屈方面と北見方面を結ぶ国道の峠道、美幌峠です。
晴れた日は屈斜路湖が高いところから見えるそうで、ね、うん。

残念
期待通りの天気であれば、もっと高くにある津別峠にも行ってきたかったのですが、こんな天気なので断念。

その代わりに、
CIMG2839
屈斜路湖畔の砂湯です。
CIMG2841
なんと砂浜を掘ると、温かい湯が出てきます。熱すぎずぬるすぎず、ちょうどよい温度でした。

予定がまるっきり変わってしまったので、できれば行きたいと思っていたところに予定を変更して行くことに。
CIMG2844
美留和駅、

の近くにある
CIMG2851
CIMG2852
摩周湖の伏流水。
摩周湖といえば一連の火山活動によって形成された湖ですが、それゆえ河川等による水の流出がありません。水は地下に染み出して流出しており、その流出先の1点がここになるそうです。

私が行ったときには、若いご夫婦が大量の2Lペットボトルをご持参になってました。
ご夫婦曰く、特に沸かしたりすることもなく飲めるとのこと。
ペットボトルを持っていたので試しに飲んでみましたが、冷えていてとても美味しかったです

宿泊は、
CIMG2859
川湯温泉のお宿「きたふくろう」さんへ。
川湯温泉といえば、強酸性の温泉でとてもユニーク。

そんなこんなで一日が終了、本日は鉄分少なめでした。
摩周湖&屈斜路湖はまたリベンジしましょう。
明日は最終日、長い長い帰路につきます。


(旅程概略)
摩周 10:11→川湯温泉 10:28(快速しれとこ摩周号)
川湯温泉駅 10:35→川湯温泉街 10:45(阿寒バス)
レンタカー
(当初予定)川湯温泉街→硫黄山→摩周湖→美幌峠→津別峠→川湯温泉街
(天候により変更)川湯温泉街→硫黄山→川湯温泉駅(オーチャードグラス)→摩周湖→美幌峠→砂湯→摩周湖の伏流水→川湯温泉街





▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけると励みになります▼ 鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村