今年で3年目となったサンフレッチェラッピングトレイン。
3月改正を以て広島地区の電車が227系に統一されるのを期に、115系にかわり今回より227系が採用されました。
今回ラッピングが施されたのは、A33編成です。

7番ホーム上には既に多くの人が式典の開始を待っていました。
イメージ 1

私が到着するとまもなく、列車が入線してきました
イメージ 2

式典は11時過ぎの列車入線とともに始まり、およそ30分。
最後にはサッカーボールをデザインしたくす玉割が行われました。
イメージ 3

最後は来賓が退場していきましたが…
イメージ 4
(サンチェ!)
サンフレッチェ広島のマスコットキャラクター、サンチェはハイタッチしながら退場。
私も輪に加わらせてもらいました

さて、1両ずつサイドビューを。
イメージ 5
(クモハ227-33)
イメージ 6
(モハ226-33)
イメージ 7
(クモハ226-33)
イメージ 8
(編成全体)
基本的にはデザインは車両の両側面で対称になっています。

個人的には、プレスを見たときに先頭部の赤色を紫色のラッピングしてくれたら違和感無いのになー、と思いましたが、何か理由があるのでしょうね。

イメージ 9
式典にて、下り方先頭車(クモハ226)の山側乗務員室付近には、サンフレッチェ広島の森崎浩司アンバサダーとのサンチェのサインが直筆で書き加えられました。
丁寧に、保護シートまで貼られています。

イメージ 10まもなく見納めとなる115系2000番台と(11:50発7526M)。
残り3週間しかない組合せを納めておきました。

イメージ 11
約1時間のお披露目を終え、列車が引き上げたので退散します。

広島市内に繰り出すと、広島電鉄のカープ電車が走っていました。
イメージ 12
次は、例年3月下旬から走り始める、JRのカープラッピングトレインも楽しみです。



▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけると励みになります▼ 鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村