高速道路をくぐったところに

坂根駅:芸備線
取材日:2017年3月8日
同日取材の各駅(駅名をクリックすると開きます)
←新見-布原備中神代-坂根-市岡-矢神-野馳-東城→
(リンクのないものは作成中です。)

----------------------------------------------------
備中神代駅で伯備線と分かれ、芸備線単独の区間に入って最初の駅です。

国道182号から分かれ、坂根駅にアクセスするために拵えられた、
全長125メートルの岡山県道200号線の末端にあります。

イメージ 1
(正面)
道の終点に駅が出現。
だだっ広い敷地があり、車の転回には苦労しません。
待合室と小さい自転車置き場があります。

イメージ 2
(原チャリ?)
定期客でしょうか。見た感じ放置されているような感じは見受けられませんでした。
利用者がジリ貧の路線にあっては、一人でも利用客の気配があると嬉しく思います。
待合室は立派なつくり…なのですが、残念ながら入口には扉がありません。
今の時期は少し厳しいな…。

イメージ 3
イメージ 4(駅構内)
上が東城・備後落合方、下が備中神代方。
シンプルな単式1面1線です。反対側には使われなくなったホーム。
備後落合までの区間には割と多いです。

次は市岡駅に向かいます。