こんにちは。先日に続いて2月末北海道旅行の記録と合わせ、根室本線のキハ40形をご紹介します。

JR北海道各線でキハ40形のH100形への置き換えが徐々に行われています。特に根室本線(新得~釧路)は今回2022年3月12日で、すべての普通列車がH100形へ置き換えられることが公式より発表されています。

2月23日~27日で渡道した管理人ですが、23日に当初予定にはなかったものの乗車の機会がありました。
9
いきなり帯広駅に降り立った管理人。新千歳空港から道内入りしたわけですが、折からの大雪で乗ろうとしていた特急列車は運休、更に空いていたのを確認して予約した新千歳空港から釧路空港までの航空機も欠航が決まり、帯広まで高速バスで向かったのでした。

P1010833
最後に乗車することになったのはキハ40-1742の単行。特急列車は全く運行されていませんでしたが、普通列車は通常通りの運転。新得駅始発で帯広駅を16時33分に出発する2529Dに間に合いました。

P1010836
帯広に来たら毎回同じ風景だったように思いますが、ついに変わってしまうんですね。

P1010849
列車は約15名ほどの乗客で、乗ることを目的にする人もおり、終点の釧路まで大きな乗客数の変化がありませんでした。

P1010840
途中の池田で約30分の停車。
P1010845
本来なら後からの釧路行きのおおぞらに追い抜かれた後、札幌行きのおおぞらと行き違いの後発車するのですが、この日はそれもありませんでした。

この後はどんどんと暗くなってしまいました。釧路に近づくと音別や白糠で数名が乗車し、終点の釧路へ。
P1010852
列車は定刻に2番線へ。いつも通りといった雰囲気でした。
P1010851
青モケット、デッキ扉のある風景も根室本線からはお別れですね。まだ他の線区では見られるので、無くならないうちに乗りに行きたいですね。

P1010860
翌日、釧路駅に向かってみると、試運転中のDEC100形が停車していました。「試運転」幕でしたが、スピーカーからは新得行きワンマン列車で使用する放送が流れていました。置換えまで、あとわずかです。

最後に、管理人が過去にも何度か乗車したり撮影に出向いた同区間の写真です。
CIMG2524
まだ東鹿越~新得間も運転されていた2014年3月に、釧路駅から乗車した快速狩勝に充当されていた朱色の1749に乗車した時のもの。
CIMG7590
2017年3月。タイフォン撤去の過渡期でした。
CIMG2607
2019年9月。タイフォン撤去後のタラコ1758に遭遇。
1000822
1000842
2021年9月。芽室~大成間にて、国鉄一般色タイプ1759と1740。

10年弱の変遷ですが、タイフォン撤去くらいでほとんど姿を変えぬままの活躍でした。いままでお疲れさまでした。


▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけますと励みになります!!▼
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
<