こんにちは。

先日は2回に分けて士幌線跡をご紹介しましたが、今回はその時に同様に訪問した広尾線の保存された駅跡についてご紹介します。
(訪問日:2021年9月17日・21日)
(士幌線のご紹介はこちら→その1その2

今回訪問したのはこちらです。
・愛国駅跡
・大正駅跡
・幸福駅跡
・中札内駅跡
・忠類駅跡

①愛国駅跡
駅名から、後に紹介する幸福駅とともに縁起の良い駅名として観光地化されている駅です。近くの国道からもアクセスしやすい駅になります。
1010134
駅前に到着しましたが、何か黄色いロープが…。折から発令されていた緊急事態宣言により構内の公開はなされていませんでした…。仕方がないので表向きだけ。
1010135
旧駅舎の建物。現在は交通記念館として利用されています。
1010136
駅舎の隣にあるモニュメント。愛国駅と幸福駅との間の切符が縁起が良いとして現役時代から観光者向けに販売されています。
1010138
駅前の商店。その切符も買えるようです。
1010137
かつては商店として利用されていた?車掌車の車体がありました。

②大正駅跡
駅跡地は公園化され鉄道敷地は広場になっています。片隅にプラットホームがモニュメント化されて残っています。
1010140
帯広から広尾方面に向かう国道236号線から道道を突き当りまで走ったところにあります。道道は今も「大正停車場線」と名がついています。
1010142
鉄道敷地は広場になっていますが、プラットホームのモニュメントがあります。
1010143
営業当時の資料を見る限り、どうやらホームは新たにこしらえられたように見えます。
1010144
駅名票。ただしレプリカのようです。

③幸福駅
駅名から観光地としても有名な駅です。国道236号線やとかち帯広空港からも近く、アクセスが容易です。

国道からも防風林の先に駅が見えます。キハ22形が2両保存されています。
1010191
駐車場があります。駐車場からはすぐに線路跡やその裏手に歩いていくことができます。
1010192
駐車場には「幸福」の駅名らしいモニュメントもあります。
1010196
裏手から線路をまたいで駅舎へアクセスします。
1010168
駅舎を入口側から。
1010198
駅舎の目の前には、数軒の売店があります。売店ではおみくじのような大きさの「幸福から愛国まで」の切符を買うことができ、おみくじのように駅舎などに各々結び付けています。
保存車も見てみましょう。
1010194
こちらはキハ22-238。こちらの車内は改装されていました。普段は中に入れたようですが、折からの緊急事態宣言により公開が中止されていました。
1010201
ホームに横づけされているこちらはキハ22-221。こちらの車内はオリジナルのままで、青色モケットのボックスシートに、酷寒地向け車両特有の木張りの床が印象的でした。1010173
ホームへの入口。北海道ではしばしばみられる木の板張りです。
1010175
1010176
駅名票と、駅の紹介書きの看板があります。
1010204
ホーム上に設置されているベンチに座ってみました。かつては、このような風景を見ながら列車が来るのを待っていたのでしょうか。

④中札内駅
駅跡は芝生が引かれ、鉄道記念公園となっています。トイレを備えた駐車場があるので、車でもアクセスしやすいです。
1010149
傍らに有蓋車2両、腕木式信号機などが保存されています。
1010150
貨車はホームに横づけされています。見た感じ、現役時代のホームを切ったように見えます。
10101481両は改造されていて、中に木のテーブルと椅子が設置されています。
1010154


⑤忠類駅
現役時代からあまり手を加えられていない状態で保存されている駅で、交通公園されています。
1000769
国道236号線からでも見える位置にありました。駅舎が保存されています。待合室には入れるようですが、緊急事態宣言により公開中止となっていました。
1000770
現在属する幕別町の歴史の散歩道の道中にあります。
1000772
ホームに出てみました。
1000773
有蓋車、無蓋車、車掌車が1両ずつ保存されています。
1000779
駅名票。おそらく現役当時のものでしょう。
1000780
駅舎。
1000781
駅舎のおもて側から事務室をのぞき込んだところ発見した忠類駅の時刻表。右上に小さく61.3とあるので、廃止前最後の改正後の時刻表ということになりますね。

ということで今回は、広尾線の保存された駅跡を訪問した様子を紹介しました。最後までご覧いただきましてありがとうございました。



▼各種ブログランキングに参加しています!ワンクリックいただけますと励みになります!!▼
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
<