こんにちは。先日、急行ふう塗装と朱色のキハ47型の入線に関する記事を作成しましたが、これらの車両にインレタを貼り付けて、先に貼り付けていた新潟色(青・赤)とともに混色編成を完成させました。先日の梅雨前線による雨が降る前にどうにかインレタ貼りとトップコートま ...

こんにちは。今回新津のタラコこと、朱色のキハ47型セットが発売されまして、本日我が家に到着しました。近日のTOMIX製品といえば117系でもちきりですね…。今後、サンライナーや黄色やら下関にいた車両が再現できそうな製品へとバリ展された暁には購入を考えようかと思いま ...

こんにちは。 2日前になりますが、去る6月7日は晴天に恵まれましたが、朝のサンライズ瀬戸・出雲と、今はなき同和鉱業片上鉄道の遺構を訪ねる旅に出掛けてきました。 先週は通称ミツカミこと、三石―上郡間でサンライズ瀬戸・出雲を撮影しましたが、今度は少し西側の万富駅 ...

こんにちは。日が長くなってきて朝早くから明るくなるこの時期に、以前から撮りたいと考えていた山陽線・三石-上郡間の通称「ミツカミ」に行ってきました。6月に入ると雨がちで悪天候となる日が多くなる傾向になりますので、写真を撮るにはこの時期が一番明るい時期になって ...

こんにちは。 突然ですが、キハ40系の国鉄急行色ふう塗装といえば皆さんは何を思い浮かべられるでしょうか? これまでに、道南いさりび鉄道にキハ40型1両、JR東日本に新潟でキハ40型,47型,48型が計3両、JR西日本の岡山にキハ47型2両が塗られたほか、広島にいたキハ48型2両 ...

こんにちは。前回、急行はまなす号を紹介しましたが、北海道の車両つながりで細部表記を貼り終えましたので、北海道のキハ40系をご紹介します。北海道の車両は複数のメーカーから徐々にバリエーションが豊富になってきていますが、我が家にいる車両はいまのところはまなすと ...

こんにちは。GWの間、記事作成をサボってましたが、何をやってたかというと、せっかく在宅時間も伸びましたし、鉄道模型に手を入れる期間としてインレタ等を貼る時間に使っています。細部表記を本格的に始めようと、1年前くらいに大量に買い込んだインレタ。ちまちまと車両に ...

こんにちは。外出がはばかられる昨今ですが、人里離れたところに限って出かけてみようと思い、車を走らせました。伯備線といえば特急やくも号が走る、陰陽連絡の代表的な路線ですが、高速化のために改良が加えられています。今回は、その中でも廃線跡が遊歩道として整備され ...

こんにちは。前回の更新から3週間が経過してしまいました。別に、体調を崩していたとかではないですよ。しかし、この3週間の間で社会情勢は大きく変化…。外出、特に人が群れるような場所への出入りは憚られるようになりました。しかし、これが皆の命と健康を守るためには ...

皆様こんにちは。折角の桜の季節ですが、この時勢では楽しみ方が限られてくるこの頃です。私は3月・4月でどこか青春18きっぷを使って旅行をと検討していましたが、結局どこに行くこともありませんでした。ちょうど桜が満開の季節なのに何もしないのも体がウズウズしてくるの ...

こんにちは。 今日は何となく思い付いたのでやってみたことを紹介しようと思って記事を書いてみました。 我が家では制御機器やレールはTOMIX製を使用しています。 カント付きといえば、既にワイドレールという製品が発売されていますが、現在の我が家はそんなに広い ...

こんにちは。今日は、3月18日より運用を開始した227系・A48編成 広島カープ応援ラッピングトレインを見に行ってきました。予定であれば、おそらく先週末には例年通りお披露目イベントが開催された上での運用開始となるはずだったのでしょうが、今のご時勢でもありますのでイ ...

製品化発表から約4か月、京阪神地区のJR西日本の最新形式、225-100系がTOMIXより発売されました。KATOからはもっと前に製品化されていましたが、どちらかといえばTOMIX信者だった(あくまで過去形)私は製品化発表のタイミングもあり、今回の製品を購入してみることにしまし ...

こんにちは。この週末はひょんなことから旧倉吉線の線路跡を歩いてみることを思い立ち、でかけてみました。倉吉線とは、山陰本線・倉吉駅から南に延びていた鉄道です。最初は山陰本線の倉吉駅が市街地から離れていたために引かれた軽便線に端を発し、その後温泉地の関金への ...

もう発売から半年が経ってしまいましたが、キハ40系(広島色)に手を入れてみました。以前にJR西日本更新車の広島色が既に製品化されていましたが、去年発売された車両は民営化後の割と早期にそれまでの朱色1色から塗り替えられた当時を再現してあります。付属品にはトイレタ ...

↑このページのトップヘ